尚絅の教育

HOME  >  尚絅学院高等学校  >  高等学校の特徴  >  文理進学コース

文理進学コース

大学受験も部活も両立!

中堅クラス以上の、国公立大学・私立大学合格が目標となるコースです。
文系・理系を問わず、一人ひとりの希望に応じた大学進学を実現します。
文武両道を実践し、生徒会活動や部活動の中心となる生徒が多いのが特徴です。

定員 男女:90名

2年 佐藤 飛翼さん / 仙台市立長町中学校出身

部活と勉強を両立させやすい

尚絅は部活と勉強が両立しやすい、と聞き入学を決めました。中1から始めたソフトテニスを続けたかったからです。文理コースは小テストなどが多いので、時間を上手に配分して、きっちり勉強しています。また模試に向けての講習で苦手分野のフォローをしてもらっています。

将来の夢は、社会の先生

夢は社会科の先生になること。優しさと厳しさ、真面目さと遊び心のメリハリがあり、生徒に慕われている先生達に出会ったことで、自分もそうなりたいと思いました。勉強だけでなく、部活でも人間的な面を磨いていきたいです。県大会入賞を目標に強い気持ちで頑張ります。

3年 須貝 光さん / 仙台市立中田中学校出身

1年間のフランス留学を経験

インターアクト部(ロータリークラブが組織した社会奉仕クラブ)で活動しています。生徒が活動内容を決め、地域清掃や留学生との交流、異文化を調べたりしています。その中で、フランスで1年間の留学生活を経験。異文化に身を置くことで、想像以上に世界は広いということを学びました。

国際理解の考え方を伝えたい

留学の経験から、国籍や文化・宗教などの異なる人たちが先入観なしに個人として理解しあう大切さを感じました。現代はグローバル時代と言われています。この時代らしい生き方や考え方を私自身が深め、将来はそれを多くの子供たちに伝えていきたいと考えています。

ポイントを押さえたプログラムで基礎力と個性を伸ばす学習指導

photo

大学教員による交流授業

センター試験に対応

1年次の段階から、2年後のセンター試験を見すえた緻密なカリキュラムを組んでいます。文系、理系、看護系など、それぞれの希望進路に対応するカリキュラムを用意。生徒一人ひとりが、無理なく着実に受験準備ができるよう指導していきます。

週5日制7限45分

1限あたりの時間は、集中力が持続できる45分間授業としています。一日の時間割は7限。考える授業や反復練習の時間を確保したゆとりある時間割です。週末には自宅学習や模擬試験ほか、部活動やボランティア活動も可能。有意義で充実した高校生らしい毎日を送ることができます。

最新の出題傾向を捉えたカリキュラム編成・指導計画

photo

特別進学コースと同じカリキュラムで勉強しています

カリキュラムの特色

国公立大学や私立大学の文系・理系など、いずれの進路でも5教科の基礎学力をしっかりと身につけることが求められます。特に、英語・数学・国語の3教科については講習でプラスαの授業時間で学力を強化します。3年次からは文系・理系に分かれてそれぞれの専門科目・演習科目を学ぶほか、選択授業では個々の希望する進路に合わせた科目を受講できます。

受験学力が着実に伸びます

教科担当教員は、生徒一人ひとりの弱点をつかみ、必要に応じて課外授業を含めた適切な指導を行い、学力向上につなげています。また、クラス担任は面談や総合学習(キャリア教育)などを通して、一人ひとりに合った学習プランの立て方や生活スケジュールをアドバイスして、しっかりと学習できる習慣と環境をつくります。

課外授業

授業よりも進んだ応用力をつけたい生徒には、模擬試験に向けて週2回の課外授業で対応します。過去問題などを使用して実践力を養い、「発展講座」で意欲に応えます。丁寧な指導で学力を伸ばします。

▲このページのトップへ

時間割例│1年次

(2016年度例)

   
  8:15~8:25 朝活動・ショートホームルーム
  8:30~8:50 礼拝
1 8:55~9:40 数学A 現代文 生物基礎 世界史A 情報の科学
2 9:50~10:35 C英語I 物理基礎 生物基礎 C英語I 情報の科学
3 10:45~11:30 数学I 世界史A 数学I 数学A C英語I
4 11:40~12:25 保健 数学A 数学I 音楽I C英語I
  12:25~13:00 昼休み
5 13:05~13:50 古典 C英語I 現代文 体育 数学I
6 14:00~14:45 家庭基礎 聖書 体育 物理基礎 総合
7 14:55~15:40 家庭基礎 C英語I 古典 古典 LHR
    清掃・終礼
  課外授業
16:15~17:00
  英語   数学