生徒会長からのメッセージ

伝統と挑戦のある学校

小松 若菜

生徒会長
藤田 映

私は日頃から、「尚絅学院中学校とはどんな学校?」という問いを自分に投げかけてきました。3年生の私なら答えられるはずなのですが、いつも決まって返ってくるのは「どんな学校なんだろうね?」という、問いの言葉ばかりでした。

しかしこの間、ついに私は自分なりの答えを見つけることができました。尚絅学院中学校とは、一人ひとりの個性が輝き、理想を追求できる学校なのです。尚絅中には、各学年一クラスしかなく、とても人数の少ない学校です。だからこそ、個々の生徒は「自分らしさ」を追求することができるのです。自分はどうありたいのか、理想の自分に近付くためには何をすればいいのか、次々とわき起こる疑問や悩みを、先生方は受け止め、必ず相談にのってくださいます。自分が「自分らしく」いられること。それって、ものすごく素敵なことです。生徒全員が主役の学校、それこそが尚絅学院中学校なのです。

また尚絅中には、生徒と教員、教員と保護者、保護者と生徒の間に、信頼関係が築かれています。そしてその三者で「良い学校」を目指して話し合いを行い、必要があれば校則を変えていくこともできます。中学生の私たちでも、自分たちの手で、学校をより良く、素敵にすることができるのです! 皆さんも私たちと一緒に、理想の学校、「自分らしい」学校を創りましょう!