尚絅学院大学

子ども学類 お知らせ

【子ども学類】前期試験間近:学びを自分のものに

2021/07/26

子ども学類の近況をお知らせします。今回は社会的養護内容・臨床心理学などご担当で学生相談室室長の安田勉先生からです。

授業はロールプレイ形式

7月も後半になり前期試験が間近になりました。コロナ感染症患者も増えはじめ、全国的に急速に第5波になろうとしています。
5月の中旬から対面授業が再開され、オンラインと併用しながら授業が取り組まれています。

私は、授業の中で学生の皆さんとロールプレイ(模擬演技)を行うことがあり、対面でこそ学んでいただける内容だと考えています。すなわち知識と技術の一体化です。試験も知識とその体験を再確認し、自分のものになるようなものと考えています。

試験はレポート形式

学生の皆さんは試験に向けて自分なりに取り組んでいるところです。試験の方法も先生方の考え方によって多様です。筆記試験形式、レポート形式、実技形式などなど。

私は、主にレポート形式で試験を行います。それは前述したように、レポート作成を通して、前期の学習内容を自分なりに再確認し、自分のものにして欲しいと考えているからです。

レポートを作成していてわからないところがあれば、質問・相談はいつでも可能です。質問・相談というやり取りを通して学びが深まれば願うところです。

皆さん がんばれ!

(文責:子ども学類 安田)

関連リンク