尚絅学院大学

教員紹介

渡部 敦子 (わたなべ あつこ)

渡部 敦子

所属
心理部門 
職位
准教授 
学位
修士(教育学) 
担当科目
【学科】教育相談の研究 【学類】感情・人格心理学、公認心理師の職責、心理的アセスメント、心理演習 

授業担当分野の概要(卒業研究を含む)

1)「教育相談の研究」学校における教育相談実践において必要となる知識・技法について解説する。
2)「感情・人格心理学」感情の概念と機能、人格の定義と成り立ち等について解説する。
3)「公認心理師の職責」特に公認心理師の専門性と実践における法、倫理にまつわる問題について解説する。
4)「心理的アセスメント」特に質問紙法について解説する。
5)「心理演習」特に心理面接技法の基本について、実践を交え説明する。

研究分野と所属学会

【研究分野】臨床心理学
【所属学会】日本心理学会、日本心理臨床学会、日本家族心理学会、日本社会心理学会、日本教育心理学会、日本パーソナリティ心理学会、日本グループ・ダイナミックス学会

研究のキーワード

対人不安、対人恐怖心性、対人コミュニケーション 

現在の研究テーマ

1)対人恐怖心性の喚起要因について
2)臨床実践における倫理意識

研究成果の概要

1)対人恐怖心性について、その発生状況がこれまで対人不安研究で指摘されているものと異なることを示した。
2)「知り合い」程度の知人・友人とのあいだでのコミュニケーションにおける不安について、その理由を整理した。
3)対人恐怖心性の高い人のコミュニケーションの特徴として、関係性にかかわるカテゴリーのものの使用頻度が低いことが明らかとなった。

主な業績(研究実績・作品発表)

1)渡部敦子(2017)対人恐怖心性を引き起こす状況の構造 福島学院大学心理臨床相談センター紀要、10, pp.13-19.
2)共著(2014) 事例で学ぶ生徒指導・進路指導・教育相談(第3章Ⅱ「青年期」という発達段階) 遠見書房 
3)共著(2013) 生きる力を育てる臨床心理学 ( 第8章2節4「心理臨床の倫理」pp165-166) 保育出版社 
4)渡部敦子(2012) 対人状況における振る舞いと対人恐怖心性 総合福祉科学研究3,p133-138. 
5)渡部敦子(2011) 対人恐怖心性とセルフ・モニタリングとの関連 総合福祉科学研究2,p67-73.

主な地域・社会貢献活動

福島県生徒指導アドバイザー (2018)
福島県看護協会 保健師助産師看護師実習指導者講習会講師(2017~2018) 
福島県県北地区高等学校PTA連合会進路対策委員会研修会 講師(2017) 
福島市社会福祉協議会 市民後見人制度受講者研修会 講師(2018)

主な学内活動

学生相談室相談員(2018~) 
進路就職部委員(2018~) 

その他

【出身地】福島県会津若松市