尚絅学院中学校>

尚絅学院高等学校

尚絅学院中学校・高等学校

卒業生紹介

尚絅生時代に成長した3つの要素

尚絅学院高校から大学に進学した先輩たちに、高校時代に影響を受けた「友人」「先生」「活動」など、自身の成長につながった3つの要素についてお聞きしました。高校生活のあらゆる経験が、今の充実につながっています。


総合進学コース 卒業
宮城教育大学 教育学部
理数生活系 4年
友人との出会い
私を成長させてくれたのは、心から尊敬できる友人、切磋琢磨した友人、毎日笑わせてくれた友人、受験のプレッシャーから救ってくれたクラスのみんな…そんな友人たちの存在です。尚絅で出会った仲間たちは私の財産。今も大切にしています。
先生との出会い
尚絅の先生方は、生徒の不安や疑問に親身に対応してくださり、私自身も何度も助けていただきました。担任の先生だけでなく、教科の先生、教頭先生、校長先生からもサポートしていただきました。第一志望の大学に進学できたのは先生方のおかげです。
現在の研究内容
現在私は「算数・数学教育における統合的・発展的に考察する力を育む授業」をテーマに研究をしています。統合的・発展的に考察する力は、近年追加された観点で、将来社会を担う子供たちに必要不可欠と考え、その力が最大限に発揮できる授業を追求しています。
総合進学コース 卒業
慶応義塾大学 環境情報学部
1年
友人との出会い
総合進学コースには、自分の興味があることに全力で挑んでいる人がたくさんいました。ですから、さまざまなことを相談すると、一人ひとりが違った観点で考えてくれて、悩みを共有してくれました。そのことが私自身の視野を広げてくれたと思っています。
先生との出会い
多彩な特技を有する先生がたくさんいらっしゃることもあり、授業はもちろん、授業外でのお話もとてもためになりました。また生徒の性格を理解して、適切なアドバイスをくださいました。それを基に自分で考えた過程が、私を成長させてくれたと思います。
心に残った活動
尚絅では、ボランティア活動から留学に至るまで、常に生徒の興味を引く活動への募集が行われています。私は入学試験のお手伝いをさせていただいたことがありました。自分の経験を思い出して、感慨深く、不思議な気持ちになったことを思い出します。
文理進学コース 卒業
宮城大学 看護学群
4年
友人との出会い
クラスメイトはもちろん、部活動では他コースの仲間と関わることができ、充実した毎日を送りました。尚絅で出会った友人は今も頻繁に連絡を取り合っており、生涯の友人です。楽しいことも大変なことも、共に過ごした3年間は、とても大切な思い出です。
先生との出会い
3年間を通して多くの先生に関わり、大変お世話になりました。授業以外の時間でも、勉強や進路を相談すると、いつも具体的なアドバイスをくださいました。今でも尚絅の先生に相談したいなと考えることがあるくらい、私は尚絅の先生が大好きです。
心に残った活動
盲導犬への募金支援と看護体験が印象に残っています。特に、看護体験は私が看護学を専攻するきっかけになったので、とても大切な経験でした。ボランティア活動は視野を広げるだけでなく、自己のスキルを活かせる場でもあることがわかりました。
文理進学コース 卒業
青山学院大学 文学部
2年
友人との出会い
大学生になった今でも、連絡を取り合うほど仲の良い友人を作ることができました。パンデミックの影響で、友人と会うことこそ、あまり多くはありませんが、何でも気軽に相談できる友人がいることは、大きな心の支えになっています。
先生との出会い
1年生では部活動を行っていなかった私が、2年生になり、体育の先生に誘われたことで陸上部に入部。限られた時間でタスクをこなせるようになりました。また、担任の先生には進路に関するアドバイスをいただくなど、良い方向へと導いてもらいました。
心に残った活動
英検に挑戦する私を、授業時間外にも多くの先生方がサポートしてくださいました。特に面接の練習は実践的で、本番をイメージしながら取り組むことができました。合格した時、先生方が自分のことのように大喜びしてくださったことが忘れられません。
特別進学コース 卒業
筑波大学 総合学域群
1年
友人との出会い
クラスメイトとは、今までに経験したことがないほど楽しく、濃密な3年間を過ごしました。個性的な人が多く、毎日たくさんの刺激を受けました。それらすべてが、大切な思い出となっています。受験期も、まさに「団体戦」のように、お互いに鼓舞しながら乗り越えました。
先生との出会い
先生方は、勉強を押しつけるのではなく、主体的に学びたくなるような気持ちにさせてくれました。特に、数学ではたくさんの感動がありました。部活動の顧問の先生も、日常の生活面も気にかけてくださり、それが1つのモチベーションになりました。
心に残った活動
修学旅行が最も記憶に残っています。特別進学コースの修学旅行は、「方面」を決定することから始まるのが特徴で、自主研修も多く、主体的に学ぶ心を育むことができたと思います。旅行や研修の内容を自分達で考えた分、喜びや楽しさもひとしおでした。
特別進学コース 卒業
東北大学 文学部
4年
友人との出会い
私は中学も尚絅で、中学3年間・高校3年間、クラスのメンバーが同じでした。それぞれに友人たちと育んだ絆は、非常に深いものがあります。受験の際にもクラスが一丸となって臨み、一体感がありました。学校生活が楽しいものになったのは、友人たちのおかげです。
先生との出会い
苦手科目に関しては、少しでもわかならないことがあると、先生に何度も聞きに行っていたことを思い出します。生徒一人ひとりを気にかけてくださる先生ばかりで、相談ごとにも親身になって答えてくださいました。先生方のサポートがあってこそ、大学にも入学できました。
現在の研究内容
文化人類学の研究を行っています。文化人類学とは、国や地域によって異なる文化の違いがどこから生まれ、どのような価値観が共有されているのかを研究する学問です。研究テーマは非常に多岐にわたり、人種差別やLGBTも含まれています。