学校概要

HOME  >  学校概要  >  沿革

沿革

尚絅学院120年のあゆみ

1890(明治23)年 アメリカ合衆国の宣教師ラヴィニア・ミードが来仙し、新坂通りに家塾を開き小々高みどりが入学する。
1892(明治25)年 「尚絅女学会」開校式。生徒5人が在学する。
1893(明治26)年 現在地に移転する。
1896(明治29)年 校舎と寄宿舎(エラ・オー・パトリックホーム)が落成。
1899(明治32)年 私立学校令により「私立尚絅女学校」として正式に設立が認可され 、アンネ・S・ブゼルが初代校長となる。
1900(明治33)年 制服としてお納戸色のはかまを着用することが決まる。
1902(明治35)年 校章を制定する。
1903(明治36)年 同窓会が作られる。(卒業生総数20人)
1917(大正 6)年 創立25周年。講堂と新校舎が落成する。
校歌(土井晩翠作詞、佐々木英作曲)と校旗を制定する。
1919(大正 8)年 附属幼稚園を開設。 メリー・D・ジェッシーが第2代校長となる。
1932(昭和 7)年 本科の制服をセーラー型にする。
1944・45(昭和19・20)年 学徒動員で軍需工場などに出勤する。
仙台空襲で寄宿舎が焼失する。
戦災で校舎を失った常盤木女学校に校舎の一部を貸す。終戦後は進駐軍に校舎を撤収され、八幡国民学校(現八幡小学校)や女子師範学校の校舎を借りて授業をする。
1947(昭和22)年 学生改革により新制中学校を設置。
保護者会が父母教師会となる。
1948(昭和23)年 新制高等学校を設置。校名を「尚絅女学院」と改める。
学校の組織が中学部・高等学部・専攻部となる。
1949(昭和24)年 「自治会(現在の生徒会)」が発足する。
「尚絅新聞」「ル・ヴォル」(生徒会誌)が創刊される。
1950(昭和25)年 中学・高等学部の制服を制定する。
専攻部を廃し短期大学(英語科・家政科)を開設する。
1955(昭和30)年 短大に保育科を開設する。
1956(昭和31)年 幼稚園を開設する。
1958(昭和33)年 礼拝堂と南校舎(東)を落成する。
1961(昭和36)年 中学部・高等学部を中学校・高等学校と名称を改める。
1967(昭和42)年 短大に英文科を開設する。
1974(昭和49)年 体育館が落成する。
1984・85(昭和59・60)年 中校舎と北校舎が落成する。
1989(平成元)年 短大が名取に移転し、 人間関係学科を新設する。
1992(平成 4)年 創立100周年記念式典を行う。
1993(平成 5)年 礼拝堂にパイプオルガン設置。
1998(平成10)年 大韓民国釜山市「イサベル中学・高等学校」との姉妹校調印式。
2000(平成12)年 中・高 フィリピン共和国で初の海外ワークキャンプ実施。
2002(平成14)年 創立110周年記念式典を行う。
2003(平成15)年 尚絅学院大学開学。尚絅学院大学総合人間科学部開設。
法人名を「尚絅学院」、校名を「尚絅学院大学女子短期大学部」、「尚絅学院女子高等学校」、「尚絅学院女子中学校」、「尚絅学院大学女子短期大学部附属幼稚園」と改称。
タイ国「サハミット学園」との姉妹校調印。
2004(平成16)年 中・高 ドイツ短期留学実施。
2006(平成18)年 中・高 タイ・スタディツアー実施。
2007(平成19)年 大学に表現文化学科、現代社会学科、生活環境学科、大学院総合人間科学研究科を開設。
高 特別進学コース、総合進学コースを開設。
2008(平成20)年 中・高 男女共学化。(高は特別進学コースのみ共学)
校名を「尚絅学院中学校」「尚絅学院高等学校」と改称。
2009(平成21)年 高 総合進学コースに文理(共学)・文系(女子のみ)を設置。
中 一貫教育カリキュラム(週6日制)スタート。
2011(平成23)年 高 全コース男女共学化。
2012(平成24)年 創立120周年。
2014(平成26)年 新校舎着工。
2015(平成27)年 新校舎完成。