尚絅学院中学校>

尚絅学院高等学校

尚絅学院中学校・高等学校

国際交流

尚絅学院高校は、さまざまな国際交流プログラムが充実。

短期から長期留学まで、世界の文化や人々とふれあう機会を数多く用意しています。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により各国では、入国制限や入国後の行動制限措置がとられています。状況によりプログラムは変更になる場合があります。

国際交流プログラム(2022-2024年度)

2022年度 2023年度 2024年度
訪問
  • 7月:中3 米国海外研修
  • 7月:オーストラリア夏季短期語学研修
  • 3月:カンボジア・スタディツアー
  • 7月:韓国・イサベル高校訪問
  • 7月:中3 米国海外研修
  • 7月:オーストラリア夏季短期語学研修
  • 3月:ドイツ短期交換留学
  • 7月:中3 米国海外研修
  • 7月:オーストラリア夏季短期語学研修
  • 3月:カンボジア・スタディツアー
受入
  • 7月:韓国・イザベル高校
  • 10月:ドイツ・シュターデ市
  • 7月:韓国・イザベル高校

姉妹校

  • イサベル中学高等学校(韓国):1998年5月29日姉妹校締結
  • サハミット学園(タイ):2003年3月27日姉妹校締結

交流校

  • ヴィンセント・ルーベック・ギムナジウム(ドイツ):2004年~
  • シティポイント・クリスチャン・カレッジ・ブリスベン(オーストラリア):2006年~
  • カテドラル高校・テクニクム高校(スウェーデン):2013年~
  • ウェスト・モートン・アングリカン・カレッジ(オーストラリア):2018年〜

短期留学(約1〜2週間)

約1〜2週間の海外研修プログラムは、研修先もオーストラリア・韓国・ドイツ・カンボジアと多彩。短期間ですが、ホームステイや現地の高校の授業体験など充実したプログラムです。

①オーストラリア夏季短期語学研修

[オーストラリア ブリスベン近郊]

ウェスト・モートン・アングリカン・カレッジでの英語研修を中心に、現地高校生との交流、大学や動物園の見学などの研修プログラムが組まれています。また約2週間のホームステイにより、実際の生活の中で英語の能力を強化していきます。

②イサベル中高(姉妹校)への短期交換留学

[大韓民国 釜山市]

姉妹校であるイサベル高校での授業体験や生徒間交流といった、異文化交流を目的とした交換留学プログラムです。イサベル高校の生徒宅へ約1週間ホームステイすることで、実際の韓国文化を体験することができます。

③ドイツ短期交換留学プログラム

[ドイツ ベルリン市、シュターデ市]

約2週間の留学で、ホームステイ、交流校での授業体験、平和学習等の内容となります。また芸術の都市ですので、オペラ・バレエ鑑賞、美術館見学、パイプオルガン講習会など、芸術に触れる機会も用意されています。

④カンボジア・スタディツアー

[カンボジア・シェムリアップ市]

アンコールワットの見学や現地の文化体験、孤児院訪問や子供たちとの交流、NGO活動の視察やボランティア体験といったプログラムが組まれています。急速に発展するアジアを体感するとともに、視野を広げるきっかけになる研修となっています。

オーストラリア夏季短期語学研修
ドイツ短期留学プログラム

中期留学(約3ヶ月間)

約3ヶ月間の海外研修制度となり、集中して英語を学ぶことができます。7月(オーストラリア)と1月(アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドから選択)出発の2つのプログラムがあります。学校は公認欠席となり、留学中も出席としてカウントされるのも魅力です。

①7月出発

[オーストラリア・シティポイントカレッジ(ブリスベン市)]

交流校であるシティポイントカレッジでの英語研修留学です。奨学生制度(授業料免除)を利用することができます。近隣の家庭にホームステイしながら、キリスト教主義の学校に通い、3ヶ月間徹底して英語を学びます。ブリスベン郊外にあるキャンパスは、自然豊かな広大な敷地を有し、施設やスタッフが充実しています。

②1月出発

[アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・ニュージーランドより選択]

5ヶ国から希望の学校や学区を選ぶことができることに加え、出発までの期間、充実した事前研修があるのが魅力の制度です。経験豊かなスタッフが、現地でのサポートを行うので安心して3ヶ月間を過ごすことができます。

アメリカ カリフォルニア州、ペンシルバニア州など
カナダ ブリティッシュコロンビア州、アルバータ州など
イギリス ロンドン、マンチェスターなど
オーストラリア ブリスベン、アデレードなど
ニュージーランド オークランド、ウェリントンなど

長期海外留学(1年間)

オーストラリアの交流校であるシティポイント・クリスチャン・カレッジ・ブリスベンには、1年間奨学生として留学することも出来ます。また、外部の留学機関を利用して、1年間、海外の高校で学ぶプログラムで、例年2、3名の生徒が長期留学をしています。これまでの留学先はアメリカ・フランス・ドイツ・ブラジル・オーストラリアなど。長期海外留学に関する相談には国際交流担当の先生が丁寧に応じてくれます。

海外留学に参加して

オーストラリア短期留学

高等学校3年
仙台市立第一中学校出身

私は、オーストラリアの留学で数多くの経験をしました。まずは引率して下さった先生と一緒にブリスベン川で運行しているフェリー、シティーキャットに乗った事です。日本でも同じような船に乗った事がありますが、オーストラリアの川は穏やかで気持ちの良い風を感じることが出来ました。船から眺めるブリスベン市街の景色はとても綺麗でした。

アボリジニーの文化についても色々学ぶことができました。アボリジニーでは絵を描くことで相手の人達とのコミュニケーションを取っているそうです。またアボリジニーでは「足」の事を「ディナ」と呼んだり、「顔」の事を「ガム」と呼んだりするそうですが、英語の発音と似ているような気がしたので、話していて混同したりすることがないのかなと思いました。ブーメラン作りは色塗りがとても難しく何回も間違えてやり直しましたが、このような経験が異文化の勉強に繋がったと思います。

ホストファミリーにお世話になった期間、家事のお手伝いをさせていただき、オーストラリアの文化について日常生活を通し直接学ぶことが出来ました。そこでホストファミリーの皆さんにも日本を知っていただきたいと思い、東京や広島、仙台や宮城の名所を紹介したところ、松島に行ってみたいと興味を持ってくれました。ホストマザーは東京はテレビで見ることがあるが、人が多くてとても住めないと話していたので、ここで暮らす人たちには日本の印象はどう映っているのかなと思いました。

私は、異文化体験をより多く経験しようと努め、お店で商品を購入する時も、できる限り周りを頼らず一人で話すことを心がけました。この挑戦は私に自ら行動する勇気を与えてくれました。今まで自分から行動することが苦手でしたが、オーストラリア短期留学で培った行動力を、今後の学校生活と将来の大学や社会の中でも大切にしていこうと思います。

アメリカ中期留学

高等学校3年
亘理町立吉田中学校出身

私は中学2年生の時に住んでいた町の海外派遣事業でオーストラリア研修に参加しました。当時は英語を聞き取ろうとすることに精いっぱいで、何か言葉を返したくても自分に話されている内容をあまり理解できなかったせいかうまく答えられませんでした。またせっかく話しかけてもらっても一言か二言で会話が終わってしまう自分に落ち込み、せっかく留学したのに英語で話すことに消極的になってしまいました。今考えるととてももったいないことをしました。この反省から次に留学するときには失敗を恐れず何事にも積極的に挑戦しようと思いました。

尚絅学院に入学し、私は迷わず中期留学に申し込みました。そして審査に合格し高校1年の1月から3か月間アメリカの高校に通うことになりました。印象的だったのは普段の授業の様子です。一つ下の年齢の生徒たちと一緒の授業では、一人ひとりが自分の考えをしっかり持っていて、疑問に思った点や自分の意見を積極的に話していました。また自分の意見を言うだけでなく他人の発言にも耳を向けてうなずきながら聞く姿勢にとても感心しました。このような話し合いからより良い意見は生まれる、と言っていいでしょう。

日常会話でも発見がありました。自分では単語の意味を理解しているつもりで、相手に確認してみると実は少しニュアンスが違っていることが何度かあったのです。またホストファミリーや友達は挨拶で相手の体調を聞いたり、その日の出来事を話すことが多く、小さく思えることを欠かさずやっていくことが相手と心を通わすことができる一番の近道なのだと実感しました。

留学生の受け入れ

本校では海外からの留学生を積極的に受け入れています。姉妹校・交流校からの短期留学生のほか、2019年度は、スイスから長期の留学生が来仙し、1年間本校で学校生活を送りました。