尚絅の授業

学力向上への道

本校は、全コースにおいて生徒一人ひとりの学習進度と個性を見きわめ、きめ細かくサポートする指導体制を整えています。進学を見据え、着実に準備を重ねていきます。

国語

書かれている内容を正確に理解することや、求められたことに応じて適切に言語化する力、また物事を正しく見る目を養うことを目標としています。「現代文」では、意味を推測し身に付けた語彙力を基に、本文を正しく、早く、読解する方法を身に付けます。「古典」では、小テストや反復練習などにより定着を図った語彙力や文法力また古典知識を基に、本文を正しく読解する方法を身に付けます。「現代文」も「古典」も、学年が上がるごとに、まとまった文章に取り組む時間を伸ばし、作品をより深く理解する力を習得します。「言語表現」では、新聞記事の比較や同級生との議論を踏まえ、論理的・批評的な表現力を身に付けます。また、各演習においては、特に入試問題を解くための実力を身に付けます。

国語科主任 髙橋 紘子

数学

学習を通して、自分の考えを筋道立てて結論へ導く思考力と論理性を養うことを目標としています。しかしながらそのプロセスでは膨大な数値処理が求められます。本校では初めに計算力を徹底して身につけた上で、関数の最大最小の処理の仕方、図形処理の定石、場合分けの考え方などに多くの時間を割いて演習していきます。2年次の終わりからは、センター試験タイプの試験に慣れるためマーク型演習に取り組みます。また国公立2次試験を見据え、答案としてふさわしい記述ができるよう低学年から課題点検や講習会で鍛えていきます。

数学科主任 杉内 洋亮

英語

「ことば」への関心をもつことに始まり、英語特有の表現に親しむことでより高度で難解な長文でも、初見で正確に把握する力を育てます。論説文やスピーチ、物語や手紙など様々な文章形態に触れて慣れることで、読解力に加えて豊かな表現力が自然に身につきます。またオリジナル教材「Linc English」を使用してのネイティブによる授業で、身に付けた文章力・語彙力を高い位置で定着させていきます。最終的には、読めればよい、喋れればよいというのではなく、言語から文化や国際問題、地球環境といった世界に対する理解へと思考を導き、本当の意味でのコミュニケーション能力の育成を目指していきます。

英語科主任 後藤 久子

理科

自然のさまざまな事象・現象に対する探求心を高めるために、観察・実験を繰り返し行い、関連する知識を習得して科学的な思考力や自然観を養います。教科書で学ぶだけでなく本物の素材を用いた実験で観察力や考察力を高めることで、事象や現象に潜む法則性を体感し、論理的思考力を磨いていきます。「物理」では現象を数式・グラフ・表を用いて考察する能力を養成し、「化学」では物質の基本的な概念や原則・法則の理解を深め、「生物」では細胞から生態系まで各々の階層での生命の仕組みを理解し、地球環境の変化とそれに伴う生物の進化についても学びます。

理科主任 早川 守

社会

出来事の因果関係や構造を、地図・資料・史料を活用して、読み解き、考察する力を養います。「世界史」では歴史を作る主体として、現代社会の成り立ちを学びます。「日本史」では時代ごとの特徴、諸外国との交流が日本の歴史と文化に与えた影響を学び、「地理」では統計や地図等から世界の現状と変化を分析・判断のできる思考法を身に付けます。「政治経済」「現代社会」「倫理」においては、社会問題を多角的に整理・理解し、より良い社会の実現を目指すための姿勢や能力、方法を習得することを目的としています。

社会科主任 鈴木 雄貴