高等学校の特徴

HOME  >  尚絅学院高等学校  >  高等学校の特徴  >  特別進学コース

特別進学コース

めざせ国公立・難関大学!

国公立大学・難関私立大学の合格を目指すコースです。
専任指導チーム、担任教員、進路指導部が連携して、戦略的な教育指導を行います。
受験対策を徹底させたカリキュラムときめ細かなサポートとで、3年後の高い目標を実現させます。

定員 男女:30名

3年 川﨑 空さん / 仙台市立第一中学校出身

数学の面白さを教わりました

高校に入学してから、数学が面白くなりました。これは先生の指導のおかげです。根本的な仕組みをわかりやすく教えてくださるので、とても理解しやすいです。問題を解くとき、なぜそうなるのかを客観的に考えるようになり、気が付くと数学の成績が上がっていました。

尚絅で学んだこと=将来の目標

特別進学コースの受験生として、今は全教科の基礎力定着を意識して勉強に励んでいます。教育学部のある大学に進学し、数学を専攻しようと考えています。尚絅学院高校で学んだ「数学の面白さ」を、教員になって子供たちに伝えたいからです。

2年 久保田 晶乃さん / 尚絅学院中学校出身

模試の結果をもとに、効率よく勉強

高校進学を考えたときに、さらなる高みを目指したいと思い、特別進学コースを選びました。2年生では模試が7回あるので、常に自分の学習到達状況を確認することができます。それを参考に、各教科をバランスよく伸ばせるよう、授業や講習に向けて予習・復習をしています。

習い事のチアリーディングも一生懸命

小1の時から東北楽天のチアに所属し、全国大会目指して練習しています。帰宅が遅くなり疲れていても、必ず家庭学習をしています。勉強もチアも、絶対に諦めたくないからです。習い事は勉強に不利な面もありますが、気持ちの切り替えと集中力とで頑張っていきます。

全国模試 「偏差値60」突破を導くカギ

入学前指導

特別進学コースでは、入学前の期間に「高校進学準備講座」を開講しています。大学受験で基礎となる「国・数・英」を専任スタッフが短期集中で指導。入学後スムーズに移行できるよう学習します。


学習合宿の様子

学習合宿

毎年新学期に行う「学習合宿」の目的は、大学受験を目指すための、しっかりとした学習リズムを構築することです。郊外の施設に4泊5日で泊まり込み、新しい仲間たちとお互いに理解を深めて親しみ合いながら、学習を中心としたプログラムを実施します。

弱点補強も万全の課外講習

授業終了後も火・木・金曜日に、課外の講習会を開講。1年次は国語・数学・英語の3教科に特化し、問題演習を中心に受験対応力を身につけます。土曜日には90分×2コマでゼミ講習会を開講。根本的な知識などを身につけ、論理的思考力を活用した問題処理の方法を学びます。

きめ細かくサポートする連携した進路指導体制

教員・進路指導部が連携

担任教員と各教科担当の専任指導チーム、そして進路指導部のスタッフが連携し進路指導にあたっています。情報収集から卒業生との連携も含めきめ細かくサポート。生徒主体の進路指導を行います。

首都圏大学見学ツアー

2年次の夏に、2泊3日の日程で首都圏大学見学会を実施します(全員参加)。自分が本当に進むべき大学を見つけ、安定した受験計画を立てるには、全国を視野に入れた大学の情報が必要です。近隣大学への訪問だけでは触れることのできない、多様な首都圏の大学を訪れる機会を設け、早期に大学における学びの広がりを目にすることで、進学後を見据えた進路選択に繋げていきます。(文理進学コースも同時実施)

▲このページのトップへ

時間割例(1年次)

(2016年度例)

   
  8:15~8:25 朝活動・ショートホームルーム  
  8:30〜8:50 礼拝
1 8:55~9:40 C英語I 数学A 数学I 情報の科学 数学A 課外講習
英語
(9:00~10:30)
数学
(10:40~12:10)
2 9:50~10:35 C英語I 世界史A 数学I 情報の科学 古典
3 10:45~11:30 物理基礎 家庭基礎 古典 現代文 C英語I
4 11:40~12:25 数学A 家庭基礎 現代文 世界史A 音楽I
  12:25~13:00 昼休み
5 13:05~13:50 保健 C英語I 聖書 古典 体育  
6 14:00~14:45 数学I 物理基礎 生物基礎 C英語I 総合
7 14:55~15:40 数学I 体育 生物基礎 C英語I LHR
    清掃・終礼
  課外講習
16:15~17:00
  古典   数学    

自学プログラムについて

本校の特別進学コースでは、多くの課外講習を設定しています。このプログラムは、講習後も毎日18:00まで自主学習に取り組むというものです。時間を有効に使う姿勢と学習習慣が早期に定着します。