考え方教育

国際標準の「考え型」教育で、論理的思考力と発信力を育てます

未知なる未来を切り拓き、力強く社会で活躍していくためには、知識を詰め込むことだけではなく、それを使いこなし、発信する力こそが必要となります。

そのため尚絅学院中学校では、3年間徹底して論理的思考力と発信力を育てていきます。

「考え型」教育

国際標準の学力(PISA型学力)*

  1. 互いが異なった他者と良好な関係をつくり、協働できる力
  2. 自律的に活動できる力
  3. さまざまな道具(ツール)を相互作用的に使いこなす力

※道具(ツール)とは、言語・テキスト・技術・情報などのことを指します

すべての授業、総合学習、自治活動、行事等をダイナミックに展開し、総合的に取り組むことにより、国際社会で役立つ力を育てます。

リーディング教育:読解力・思考力の育成

朗読教育

「考え型」の学びを支える言語活用能力、論理的思考力を高める土台となるのがリーディング教育。ブックトークやグラフ解読、各教科の授業での発表など、日常的な反復で力を養います。

考えながら、言語を使いこなす

齊藤 直美先生/国語

国語の授業では、論理エンジンを採用し、文章を論理的に読みとり、論理的思考で文章を書く力が身につくようにお手伝いしています。小説等の文学作品は生徒たちの手で授業をしていきます。また、グラフや図、紙芝居などを取り入れた発表の仕方なども研究します。

サイエンス教育:探究心の喚起

サイエンスキャンプの様子

S・P・Pの様子

自然科学・社会科学を問わず、起きている事象について探究し、論理的な思考能力を育てるサイエンス教育を実践。1年次のサイエンスキャンプや2年次のS・P・Pを通して実践を積み、全ての教科の基礎となる力を育みます。

S・P・P(サイエンス・パートナーシップ・プログラム)
─ 東北大学大学院 医学系研究科との連携 ─

東北大学大学院 医学系研究科 保健学専攻 感染分子病態解析学分野と連携し、科学に関する興味・関心と知的探究心の育成を目的とする学習を実施します。東北大学の教育施設における実習で、楽しみながら科学の基礎を学びます。

体験や探究を通して科学的な思考力を養う

岡 唯理先生/理科

サイエンスとは自然や社会で起きているさまざまな事象を多面的に見る力です。生徒自身が自然のテクノロジーを見て感じ、いろいろなことに興味・関心を持ち、理論的に考えながら解決する力を養っていきます。教員はあくまでナビゲーター役として、生徒の論理的な思考のサポートをしていきます。

プロジェクトベース学習(PBL):問題解決能力の育成

まず自分の興味・関心や身近な問題からテーマを選び、研究計画を立てます。その計画に沿って、本やインターネットで調べ、アンケートや現場訪問をして調査し、結果をまとめ、みんなの前で発表します。自分の計画通りにできたかどうかの評価を行い、次年度の研究につなげます。一連のプロセスを通して、「問題解決能力」と「発信力」の向上を促します。

学習効果→育まれる3つの能力→問題解決能力を育成

研究テーマ「同調行動について」

2016年度中学卒業 森 海結さん/現尚絅学院高等学校 文理進学コース 1年

私は小学生の頃、「なぜクラスの女子の多くは他の女子を誘ってトイレに行くのか」疑問に思っていました。この疑問が私の研究の始まりでした。海外研修で行ったモンタナ大学や系列の尚絅学院大学で学生にアンケートを取り、納得いくまで調査を行い、満足のいくレポートを完成させることができました。このPBLの研究の中で、新たな発見がありました。それは「心理学がとても面白い」ということです。これから心理学について、もっと学んでみたいと思っています。